« 日本一心 | トップページ | SoftBank iPhoneデザリング を試す »

2012年12月 9日 (日)

ライオン号プチ手術(ドアミラー交換)

Facebookとココログの連携を早く仕掛けておけばもう少しBlogもUpするのですが、
気が付いたら1年以上更新していませんでした。久々の更新です。

306breakは、ドアミラーの角度調整は電動なのですが、格納は手動。
2週間くらいに、右側ドアミラーを戻したら「バキ~ン」と嫌な音が。

どの位置でも止まらずにプランプランしていたのですが、脱落の恐れはなさそうだったので、ガムテープで暫定補修して走っていました。

Img_4960


Img_7826

障害物にぶつかっても壊れないように、あらぬ方向(画像の通り)にも曲がるのですが、正対したときのロックが壊れた模様。


ディーラーかショップに持ち込んで修理を依頼したいのですが、お金がない。。。
ということで、ヤフオクをチェック。ちょうど2000年式306breakの右ドアミラーが出品されていた。価格は2,000円。送料が1,100円かかるけど、あわせても3,100円。即決で落札。

Img_5191

で、元のドアミラーをはずして交換する。

カバーを外す。

Img_9488

トルクスネジ3本で固定されている。

Img_6948

外して外から見たところ。

Img_5891

Img_9717

ミラー調整用の電源カプラをはめて、ネジ止めして戻して終了。作業時間は10分程。
無事にミラーの調整もできたので、一安心。

Img_5683 



ドアミラーを格納して、反対側に折れても、戻せばちゃんと「カチ」っと音が鳴り、ロックされるようになりました。これにて一安心。

« 日本一心 | トップページ | SoftBank iPhoneデザリング を試す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84105/56284459

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン号プチ手術(ドアミラー交換):

« 日本一心 | トップページ | SoftBank iPhoneデザリング を試す »